Autumn10              晩秋の北海道 知床                  08.10.25〜 27

紅葉には少し遅く、雪景色や冬の祭り、流氷には未だ早い時期ですが、そのためか信じられないような安い料金で、
名湯と山海の幸のもてなしの宿に2泊と言うツアーに参加しました。

2泊3日でも前後の2日は殆ど移動日、観光は主に中の1日だけでしたが、知床国立公園ー阿寒国立公園ー大雪山国立公園と巡りました。

第1日目 女満別空港に着いたのはPM4時 バスで知床ウトロ温泉へ、途中夕暮れのオホーツク海に沿って走る釧網本線の側を走ります。
無人駅をいくつか通過、下はその1つ藻琴駅です(写真はウィキペディアより転載、当日はもっと暗くなってました)

釧網本線は唯一流氷が接岸する海岸を走る鉄道です
  

             2日目  知床五湖展望台 熊が出没するというので湖畔の散策は割愛


象の岩

オシンコシンの滝
摩周湖
2度目の摩周湖も神秘的な湖面を見せてくれました

屈斜路湖
美幌峠(490m)からの眺望

3日目  温根湯(おんねゆ)温泉を出発  大雪山系の石北峠を越えて(標高1050m)層雲峡を通り旭川空港へ
石北峠付近では今年初めてのちらつく雪をみました。熊笹にわずかの積雪も見られました。
降るにつれてトドマツ、エドマツ、ダケカンバ、白樺、からまつの林があらわれる。思いがけず、からまつの美しい黄葉も見ることが出来ました。


現地バスガイドさんに次回は是非ー20度の流氷のシーズンにお越し下さいと誘われました。