Autumn 22                      彼岸花咲く 葛城の道           ’11.10.1

  今年は彼岸花の季節、葛城の道へ案内してもらいました。
  葛城の道とは、「金剛・葛城山麓の裾野を南北に走る古道で、5世紀に隆盛した豪族
  葛城氏や鴨氏の拠点で道沿いには由緒ある古社寺が点在する」と説明ありました。今回はその1部分を歩きました。

              行程   近鉄南大阪線 阿倍野橋ー尺土で乗換ー御所ーバス猿目橋下車・・・九品寺・・・一言主神社


大和三山を眺めながら歩きます 
左手前に畝傍山

九品寺(くほんじ)
行基開創の古刹本堂裏から裏山にかけて千体石仏が並んでいます。
南北軍に投じた兵の慰霊のために造られたとか、南北朝、室町、桃山時代のものが多く
風化してお顔も定かでないものも。




一言主(ひとことぬし)神社 
樹齢1200年の いちょう
願いを一言だけかなえてくれる「いちごんさん」と
親しまれてる