Autumn24                鞍馬・貴船                      H23.10.20
      

洛北のハイキングコースの定番、鞍馬〜貴船を歩きました。以前歩いたのはいつだったか記憶にないほど昔の事です。
鞍馬は平安時代から京都の北の出口とされていた場所で信仰の道でもあったそうです。


鞍馬駅に降り立つと天狗がお出迎え。
牛若丸に武芸を教えたという伝説
もある天狗です



仁王門
こちらで山を守るためのお金(入山料¥200)を払います

鞍馬の火祭はこの神社で(毎年10月22日)行われます
今日はお祭2日前で大松明も見かけました。

建物は豊臣秀頼により再建された桃山建築の割拝殿形式で
重要文化財だそうです。



御神輿も点検中

松明の列はこの階段を駆け上がってくるのでは


由岐神社からは清少納言も義経も歩いた九十九(つづら)折りを通って鞍馬寺金堂へ
清少納言の枕草子の中に「近うて遠きもの」として「くらまの九十九折り」と記しているとか。途中に義経供養塔も。


鞍馬寺金堂
金剛床の中心△はパワースポット
外国人が靴を脱いで立ち拝んでいました

木の根道
杉林がうっそうと茂り木の根が露出した道が
しばらく続きます

「牛若丸息つぎの水」「遮那王堂」「義経公背比石」
「義経堂」と義経を偲ばせるものが次々と


急坂を下ると貴船川沿いの鞍馬寺西門に出る
橋を渡りしばらく川沿いを上がると
貴船神社です

御神木の桂