Autumn 34               京都 光明寺・長岡天神          H24.12.01

紅葉の美しい年だった今年(H24)、10月10日志賀高原2000mの紅葉から始まり南信州へ2度、岡山、近郊の武田尾と
紅葉の地を巡って来ましたが、今回が最後の紅葉狩りとなりそうです。

光明寺
京都の西南、西山連峰のふもとにあり法然上人が開山された西山浄土宗の総本山です。
境内には「もみじ参道」と名付けられた道があり,洛西の紅葉の名所として知られています。


御影堂


霧雨にけぶる西山

白州に大小18個の石を配した庭
阿弥陀様の慈悲に包まれながら生死の大海を渡る
念仏行者の姿を現しているそうです


もみじ参道
もみじのトンネルは見事でしたが、
アーチに下は人の波なので、片側だけ撮りました



もみじ参道の中ほどにある 薬医門


長岡天満宮

菅原道真公はこの地で在原業平らと詩歌管弦を楽しんだと伝えられ、太宰府に左遷された折り、
この地に立ち寄り、都を見返り偲ばれたそうで、 見返り天神とも呼ばれているそうです。

真紅のキリシマツツジが美しい天神さんと云う知識しかありませんでした。(樹齢百数十年で4月下旬頃参道が彩られる)