Autumn 44                茶源郷 和束           ’14.11.30
京都府和束町は、鎌倉時代から800年余り続く宇治茶の主産地だそうです。
半径100km日本の原風景を留め先人が数百年かけて丹精込めて作り上げた茶畑の風景はまさしく日本の桃源郷
との説明があり、それを実感しました。

JR木津駅から木津川沿いを車で走ること30分和束に到着、どこを向いても茶畑まさに茶源郷です。
イギリスやフランスに「***の美しい村」というのがあるのは知ってましたが、日本にもありました。
「日本で最も美しい村」連合に登録されています。



現地ガイドさんの案内で茶畑景観ウオークスタート



正法寺 階段を埋め尽くす紅葉
聖武天皇の第2皇子の冥福を祈って行基が創建した禅寺で紅葉が見事

八坂神社の樹齢1300年の大杉

マンホールの蓋




ランチは築数百年の古民家で
茶づくし弁当をいただく



白梄・石寺の茶畑
京都府景観資産登録第1号

羽車が付いたポールが林立 これは霜よけ