Autumn 55    富士山下山・樹海   ’17(H29).10.10~12

富士山の頂上を目指さない「富士下山」のツアーを見付け、早くから申し込みました。

山頂を目指すよりもはるかに体力的にはやさしい山歩きが
出来ると書かれていますが、
果たして高低差560mの下りは大丈夫かしら?と心配でしたが
あの富士山に私の足跡を残したいと決心しました。


      第1日目    
 新大阪発―三島駅 着バスで樹海の森 西湖野鳥の森公園へ


西湖野鳥の森公園
 現地ガイドの案内で樹海の森
約2時間のハイキングスタート


森としての年齢は若く木は細く木漏れびも




富士山麓で最大級の溶岩洞窟  コウモリ穴 入洞
こうもりが生息


何度もヘルメットを
ぶつけたりしながらも無時脱出


第2日目      いよいよ富士下山の日です



ホテルの庭に出て紅富士を待ちます am5:43




山中湖は雲海におおわれています


見せてくれました 紅富士 !! am 5:49





ホテルマウント富士(1100m)の中庭にて
最高のシーンを鑑賞しました



山中湖 am8:14


先ず 北口本宮富士浅間神社で登山の安全祈



788年創建 北口登山道の起点として信仰を集めてきた神社
 立派な造りにびっくり



富士スバルラインをバスで5合目レストハウスに到着(2305m)

富士山の中腹を巡る
御中道ハイキング スタート


5合目が森林限界で天地の境と云われている



山頂とカラマツ
5合目のような高所に群生するのは珍しく独特の植生







八ヶ岳



メンバー23名 (2300m)






ダケカンバ


風雪の強さを思わせるダケカンバの樹形






赤い色を添えるナナカマド








御庭(2227m)ここまで約70分
右の穴は寄生火山の火口跡




奥庭荘(2227m)迄30分そこでで昼食をいただき
富士山も見納め いよいよ高低差560mの下りです


ここからは倒木の連続 くぐったり、またいだり






フジアザミ
富士山は山の成り立ちが原因で日本アルプスなどに比べて高山植物が
少なく「フジ」と名が付く唯一の植物


約2時間で3合目樹海台駐車場(1663m)近くに到着
下山ハイキング 無事終了

第3日目



2泊目の朝 (am8:22) 笠富士?
笠雲がかかれば近いうちにお天気が崩れるとか
同じホテルマウント富士の庭から


朝霧高原 まかいの牧場




昼食は農場レストランでバイキングを美味しく頂く

まらかい牧場ー新幹線三島駅―新大阪