リーズ・キャスル Leeds Castle
 イングランドの城館の中では最も古く、最もロマンティックな城といわれています。
 9世紀から300年もの間6代に渡る女王の宮殿として栄えました。
 広大な敷地の真ん中あたり、堀に浮かぶように佇む端正な美しさをたたえた城が見られます。
 一面は緑の大庭園、赤いレンガで囲まれたフラワー・ガーデンでは、毎年9月にはフラワーフェスティバルが開催されるそうです。
 イチイの木で壁を作った迷路などもあります.

    


グルームブリッジ・プレイス Groombridge Place

         


     ライ  Rye          花の風景はありませんが

かって中世には栄えた港町で、ドーバー海峡まで4キロという所にあります。
アンティークの世界から抜け出したような、可愛らしい街です。


                  
この街のシンボルのホテル、マーメイドの看板が目印のマーメイド・イン
   600年の歴史と伝統を誇り、エリザベス1世もお泊りになった部屋もあります。

               ホテル裏庭


built 1420 の文字が

イングリッシュ・ブレックファスト 頂いています
壁にエリザベス1世の肖像画


セントメアリー教会 イギリス最古の時計が時を刻む

  教会の塔から

タウンホールの入り口にはお花が

09-ライ   ホテル マーメイド・イン


     1420年に建てられたホテル、前回訪問から更に11年後のホテル(右)
        看板のマーメイドもちょっと分かりにくい?
       丸い石が敷き詰められた舗道も作られた当時のものでしょうか?



         内部は老舗ホテルの重厚さが溢れています         エリザベス1世がお泊りになった部屋 梁のゆがみに歴史が

     ポーツマス Portsmouth
  
                 

    ヘイワーズ・ヒース  haywards Heath
ロンドンから日帰りで行ける所にも、こんな一面のヒースの原があります。