シシングハースト・キャスル・ガーデンSissinghurst Castle Garden  

数ある英国庭園の中でも特に有名なこのガーデンは、16世紀エリザベス1世を迎えた事もあるマナーハウスでした。
その後、荒廃したこの地に1930年から30年かけて、自然の美しさを追求したガーデンが完成しました。
当時からイギリス最高の庭と賞賛され、現在に至るまで多くの庭に影響を与えている名園です。

建物中央のタワーの屋上に上がる。 360度のパノラマに興奮!!
見下ろすと庭園のデザインもよく分かります。
中央のサークルは芝生のみの空間、周りにローズガーデン、その右にホワイトガーデン。



パープル・ボーダー幽玄の世界


ピンクの花はこの館の名をつけた、バーベナ・シシングハースト

こちらはバーベナ・ヒドコート・パープル


        ホワイトガーデン          

ホワイトガーデンの中央にあるパラソルのような骨組みの上を覆うランブラー・ローズの花は咲き終わっていました 7月21日
思いがけず再度訪れた時は(6月25日) 見事な白いパラソルでした


黄色・オレンジ・赤の暖色系を組み合わせた
コテジガーデンの向こうにシンボルタワーが見えます
 
ハーブのカーペット

     ハーブガーデン


これもハーブです   コットン・ラベンダー

タイムの椅子
城の大半は18世紀に破壊され、古いレンガ組みとエリザベス様式の塔のみが残っている