Spring 10                五個荘 滋賀県東近江市       09.3.16

       近江商人発祥の地 てんびんの里

江戸時代、東近江地域にてんびんを肩に北は北海道から南は九州まで
全国各地を旅し行商をした近江商人が沢山いました。

彼らは地域間の需給と価格差に着目して生産地から消費地へ生活必需品を
流通するという「産物廻し」と言う商法で豪商といわれるまでになりました。

その商人達が築いた意匠の優れた和風建築群は重要伝統的建築物群保存地区
に指定されています。
白壁と蔵屋敷の街並です。

                近江商人屋敷に伝わるお雛様が公開されていました。(平成21.2.1〜3.31)

                   四軒のお屋敷を巡り、江戸時代・大正時代の雅なお雛様、大きな御殿雛、愛らしい雛道具などを見せてもらいました。