Spring 13               奥琵琶湖         09.4.15

以前から行ってみたいと思っていた琵琶湖の北端の地方へ、比良に住む友人の案内で桜の時期に訪れる事ができました。
お目当ての海津大崎の桜は前日の雨で大分花が散っていて、小雨のけぶるなか車窓から眺めました。
もし湖畔に降りていれば、次の芭蕉の句に詠まれた風景が広がっていたことでしょう。
 
       「四方より花 吹入れて鳰(にお)の海」  におの海=琵琶湖

海津大崎→ 大浦→菅浦(ここから奥琵琶湖パークウエイ)→つづら尾崎→月出 
と桜のトンネルの中の奥琵琶湖(湖西)ドライブを楽しみました。
       
          大浦から見る海津大崎のさくら

江戸時代初期から戦前まで湖上輸送に活躍した丸子船を模っています

菅浦港

つづら尾崎展望台
  
琵琶湖最北端に突き出たつづら尾崎展望台は 滋賀県屈指のビユーポイントとか、眼下に竹生島、(当日は雲に隠れていたが)正面に伊吹山も望め、
   遠藤周作のエッセイに北欧のフィヨルドのようと書かれた深い青と鏡のような湖面がひろがっています