Spring 28               大井川鉄道・清水港ミニ・クルーズ (静岡)        H26.(’14) 4.01〜2        

大井川鉄道は以前から乗ってみたいと思っていました。紅葉の頃がいいかと思ってたのですが
「桜舞う大井川SL列車・・・」と云うツアーを見つけ出かける事になりました。


 清水港ミニクルーズ        船上からの富士の眺望が売りのクルーズです
当日お天気も良くラッキーと思ったのですが、お天気が良く昼間気温が上がると、ガスが発生、富士山は見えにくくなるそうです。


三保桟橋―清水港へ 
三保ノ松原はどこ?
そして主役の富士山は
                 ↓

 かすかにてっぺんが見えました

船内のポスターです

       大井川SL 列車
                   新金谷から家山迄 約30分の乗車です     
の昔、乗車していた頃はススに悩まされ余りいい記憶はありませんでしたが、汽笛の音にジーンと来ました。
                   


さすが茶処、あちこちで茶畑を見かけます。
随所に立つ風車のようなものは霜よけの役目をしてるそうです



桜のトンネルを抜けたり、本物のトンネルを抜けたり

沿線にはカメラスポットに撮り鉄や見物の人も



ヤマザクラも見頃のよう





あっという間の30分、家山駅で下車です
←駅舎裏側の写真、表側は撮りそびれましたが、
映画「鉄道員(ぽっぽや)」他にも使われたとか。

川根 道の駅
こちらの屋外でSL駅弁を頂きました
         
         大井川鉄道井川線 「南アルプスあぷとライン」
                バスで長島ダム駅まで移動ここから接岨峡温泉迄乗ります(15分)


アプト式鉄道とは歯形レールを使って
急な坂を上り下りするよう考案されたもの

手前アプトいちしろ駅からこちらの駅に向かう所が
アプトになっていて、日本一の急勾配を登る
列車を見る事が出来ました


列車はレインボーブリッジを渡っています
橋の真ん中にある奥大井湖上駅で下車して
次の駅まで橋の上を歩く事も出来るそうで、
紅葉の季節に歩きたい




長島ダム湖(接岨湖) 写真には桜の色が出てなくて残念

若返りの秘泉があるとか