Spring 32               黒川・.桜の森                          '15(H27).4.04


4年ぶりの桜の森 訪問です。
能勢電の妙見口駅を降りると、お囃子が聞こえ巫女さんの行列に出くわしました。
この地域の氏神さんで千年の歴史のある吉川八幡神社の上己祭だそうです。
ここから妙見の森への入り口(黒川ケーブル駅)迄の道は「花折街道」と云って
能勢妙見宮の門前町として賑わっていたそうです。

明日(4/5)まで「桃の節句雛のつどい」とかで、お雛様を公開してる家やあちこちに
手作り雛やのれんが飾られていたり
里山の春を演出されていました


150~200年前門前町として賑わってた頃の休憩場所だった店
こちらで買ったホーレンソウの美味しかった事

黒川ケーブル沿いの桜



にほんの里山100選に選ばれている田園風景が広がる

つくしもいっぱい


黒川・桜の森  に到着

野生の桜・エドヒガンの群落を森林ボランティア菊炭友の会が整備、手入れをされています

シンボルツリー 微笑み桜(樹齢150年) に再開


ここ桜の森の桜の開花は
エドヒガン、ヤマザクラ、カスミザクラ、ウワミズザクラ
の順に開花するそうです。すべて野生の桜です


野生種は個性豊かで個々に開花時期や
花の色なども違うそうです



こちらも樹齢150年の「長老」



ヤマザクラ



国道から見る桜の森