Summer 12−1           信州―T       安曇野           09.6.5〜6

    久し振りの列車の旅。 JR中央線(特急しなの)、大糸線に乗り、穂高駅下車。
     駅舎は日本アルプスの総鎮守、穂高神社を模したという社殿型の木造です。駅舎は25年前に訪れた時と同じです。

     周辺には新しい建物も建ち、田園の中にもカラフルな住宅が建っていたりと、変っている所もありましたが、自然の美しさは変わりないようです。
     初日は小雨降るなか3時間余りの散策。
     この時期にしか見られない風景、水田に雪を頂く北アルプスが映る風景が撮影できるのではと期待していたのですが、残念。

     2日目は「安曇野周遊ツアーバス」を利用する。
     


   

   駅舎正面のプレー

ホーム立てられている表示板(左半分)


碌山美術館   今回は入館ぜず。
入館料を払わないとあの正面の写真は撮れないのです

有明山(安曇富士)2268m
バックの雪山は燕岳(2762m)
雨でも雪の北アルプスが見え感激!バックが青空があればどんなに・・
穂高川沿いのこの道は景色の良い道として紹介されていました

早春賦碑  春は名のみの・・・♪
大正初期に、作詞者が安曇野の雪解け風景に感銘を受け
作詞したそうです。   後ろ中央に常念岳

本陣 等々力家 (重文)
古く松本藩主が鮭、鴨猟の際休憩所として使用していたそうです

等々力家の蔵 
江戸中期に作られた庭も拝観出来るようです

吉祥寺 東光寺
下駄を履き願い事をするとかなうと伝えられています


歩く先々で出会える道祖神
五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を祈願する身近な神様
として造られてきたようです。

安曇野には温泉もあります。穂高温泉郷の中の「ダイヤモンドあずみ野温泉ホテルに宿泊。
2日目  あずみの周遊ツアーバス(マイクロ)を利用して観光します
ホテル9:00−穂高神社 ー 長峰山展望台ー大王わさび農場ーそば昼食ーちひろ美術館ーアートヒルズミュージアムーJR穂高14:30 
        長峰山展望台

昨日よりお天気がいいのに雪山が見えないのはどうして?
北アルプスと安曇平を一望できるビユーポイント

かって川端康成、井上靖、東山魁夷が一同に会し
「残したい静けさ、美しさ」とこの風景を絶賛したといわれています




人が立っている場所は、ハングライダーの出発点です







大王わさび農場
25年前に来た時より随分広くなっていました
わさび農場内の三連水車


とても速い流れです。その流れに逆らって漕いでます。



安曇野ちひろ美術館のチケット
ちひろの母の実家、松本市に疎開していた時期があり
この地は、ちひろの心のふるさとと言われてる。
周囲は広い公園になっています。