Summer15     
                 「バイカモと但馬・瀞川平に咲く野の花」ツアー              H22.6.6
                      イラストレーター片山治久氏の案内で(朝日新聞兵庫版に野の花のイラストを掲載されている)行く

       田君川バイカモ公園
          車は浜坂 湯村温泉を過ぎ更に日本海側へしばらく行くと浜坂町、田君川バイカモ公園に。
               未だあまり知られてない為か、見物客も少なく静かな里山の風情漂う。





 但馬高原植物園
         バイカモ公園から少し南下、標高650Mに広がる広い森の中にある公園です。
      樹齢1000年といわれるかつらの木はこの公園のシンボルと言われ、中を流れる川(瀞川)には
          日量5000Tを超える伏流水が流れています。   植物は2000種類の宿根草を季節と共に楽しめるそうです。

キンラン

サワフタギ

ミスミソウ



タニウツギ

センダイハギ

チョウジソウ

レンゲショウマ
この花が見てみたかったのに未だ咲いてませんでした

ミズバショウ

マツモトセンノウ



フタリシズカ

エビネ


シーラ・カンパニューラーター
(洋種)
左の木の根元を飾る紫の花


トキワイカリソウ

マムシグサ

ヤマルリソウ

ササユリのつぼみ


シオゼ

チゴユリ


ギョウジャニンニク

クジャクシダ

オオナルコユリ

クリンソウ

タンナサワフタギ

ヤブデマリ

シライトソウ

           この公園のシンボル 樹齢1000年のかつらの木
                      その下を流れる水は平成の名水百選に選ばれています。




ほうの花

澄んだ池の周りには紫、黄のショウブ、クリンソウ等とりどりの花が