Summer 38 -1           花咲く最北の島・礼文島             ’16(H28).6.12~15 

礼文島に立ち寄るツアーに参加したのは、14年前でした。花の礼文と云われるので楽しみにしていたのに、
ほとんど花を見る事が出来ませんでした。

今回 「ゆったり連泊・花の浮島礼文島」というツアーを見つけ、やっぱり「花の礼文」見てみたい!迷った末1人参加決心しました。

1日目   伊丹空港(9:00)―羽田空港―稚内空港(12:35)  今日は稚内泊です


お花のカレンダーは華やかですが・・・

利尻山(1719m) 百名山一番目の山です



カラフトツツジ



ドクゼリの蕾

ドクゼリ



ワタスゲ

利尻とエゾカンゾウ

小鳥の声を聴きながら利尻山をバックに木道を歩きました。お花を探しながら・・・でっかい北海道です


タテヤマリンドウ

ショウジョウバカマ

コバイケイソウ

スミレ

                     天北温泉ドーミーイン稚内 泊
    
        2日目      いよいよ礼文島に 残念ながら雨 ホテル―稚内港フェリーで3時間(利尻島に寄り) 礼文・香深港着


先ずは待望のウニを頂きます やはり美味しい!

                       島の南部港のある地域から車で40分北部エリアに移動
二つの岬とレブンアツモリソウの群生地コース 



ホテイアツモリソウ

今年は例年より花が早くもう咲き終わってるかもと云われていましたが、
雨の中けなげに咲いていました。待っていてくれました。

礼文固有種、絶滅危惧種に指定されています


レブンアツモリソウ



ハクサンチドリ

サクラソウモドキ




白いカリフラワーのような花は、セリ科の花で
この島では20種類のセリ科の花が見られるそうです


晴れていれば名前の通り澄んだ青い海が

車でスコトン岬に移動
すごい波の音、風の音です 泊まるのは怖い




スコトン岬 (日本最北限の地) 向こうにトド島




今日明日お世話になるホテルです



ピアノの上にはでっかい黒くまくん

どちらを見てもオーナーの温かいお人柄が
思われる物ばかり





ウニ・鰊の刺身 タコ牡丹エビ

ウニの茶わん蒸し

八目のから揚げ

ホテルの裏はすぐ海、利尻富士、礼文岳も見えるそうです。海辺にでると貝殻がびっしり、その中に珍しい穴あき貝が見付かります。


ご当地ならではの海の幸の美味しいお料理、素敵な家具、
インテリア、女主人の素敵な笑顔、そして温泉もあります
もっと近ければ生ウニと花の季節に毎年行きたいです


拾ってきました

ツメタガイという貝に穴をあけられた貝です

summer38-2花の礼文Ⅱ