バーリントン・コートBarrinton Court
ハムストン(砂岩)でくつられたエリザベス朝時代の建物。
ナショナルトラストに譲渡された時、庭のデザインはガードルード・ジーキルに任されたそうです。


この建物は2台の馬車と12頭の馬のために造られたそうです。今はレストランとして使われているとか

敷石のバスケット模様の伝統美が感じられると説明にありました

大型バラ、マーメイドの花径は12センチだそうですが・・・

この馬小屋はいつ頃のものでしょう?

バース Bath
古代ローマ人が湯元を発見、お風呂の語源ともなりよく知られている、バース。蜂蜜色のバースストーンの建材で統一された美しい街。

        

ザ・ビショップ・パレス The Bishop's Palace     (ビショップとは、キリスト教の最高聖職

 
ビショップパレスも次のビーミンスターも日本のガイドブックには紹介されていませんでした。
イングリッシュ・ガーデンのハドスペン、モンタキュートへ行く途中立ち寄り
思わぬ拾い物をしたような気分に成りました。 ビショップ・パレスの近くには又、巨大さにびっくりのウエルズ大聖堂があります。