Winter 16            関門海峡ウオーク           ’12 ( H 24).1.13〜15

平成24年の新春ウオークは下関〜門司へ  ツアー名 「関門海峡ウオークととらふくづくし」 に参加
大阪南港 16:50ー翌朝 5:30 新門司港着(往復名門大洋フェリー利用)
着後バスで下関市長府へ   


レインボーカラーに輝く明石大橋
          大阪出港後1時間半で見えてくる



下関市長府の街のマンホール
今年(H24)のNHK大河ドラマは「平清盛」 そのうちきっとこの地方もドラマに登場することでしょう
長府についてHPで次のように教わりました。
長府の歴史は古く古事記や日本書紀にも記録が残る古い城下町です。
壇の浦の戦いでは源氏が長府の沖の小島周辺に陣を構え平氏を滅ぼして、武家政治が始まり、
後に明治維新で高杉晋作、坂本竜馬他がこの地より日本の夜明けの為に奔走して武士の時代を
終わらすことになったところです。


長州藩侍屋敷長屋門
横を流れる細い川には鯉、オシドリがいてホタルも生息してるよう

功山寺山門  
高杉晋作がわずか80人で挙兵した功山寺挙兵として有名



功山寺仏殿 唐様建築
わが国最古の禅寺様式で国宝

古江小路



横枕小路
近くに乃木将軍が幼少期に過ごした邸や乃木神社もある


このツアーのキャッチコピーは「関門海峡を見ながらさわやかウオーク」
今朝の関門橋はかすみ、国道9号線に沿って歩くウオークは爽やかとは言い難い



壇の浦古戦場


決闘の聖地 巌流島の幟



安徳帝御入水之処 と刻まれている

謎の石



赤間神宮
安徳天皇が祀られている
 大きな菊の御紋がところどころに

赤間神宮の一角に平家一門(七盛)の墓石


火の山展望台より

ランチはツアー名「・・・・とらふくづくし」の通り確かに「ふぐづくし」
 ツアー料金(¥9980)から考えれば仕方がないかなという、お味でした。
直前に立ち寄った唐戸市場には新鮮な海産物があふれ海鮮屋台もあり、そこで食べたかった!


関門トンネル人道(全長780M 海面下44Mにある)
山口県側から福岡県へ歩きます(13分)
昭和33年開通

             県境


 後200Mで門司の地上に出ます 

門司港レトロ
明治から大正にかけて外国貿易の要衝として栄えた国際港湾都市・門司港
現在では重要文化財
に指定される建物が立ち並び門司港レトロと
呼ばれている


門司港駅(重要文化財)

     ↑駅舎の内部 文字の字体もレトロ




左 国際友好記念図書館        旧門司税関

旧門司三井倶楽部
大正10年三井物産の社交場として誕生。アインシュタイン夫妻も宿泊した
由緒ある建築物。重要文化財

早朝(7:30)から歩き始め昼食と途中少しバスの移動もありましたが3時過ぎ迄計約9キロのウオークは歩きごたえあり
帰りの船ではぐっすり、大阪南港5:30に無事座礁することなく到着(イタリアの豪華客船の座礁を後で知る)