Winter 19               雪の湖西線・京都ぶらり旅           ’13.1.7〜8

白銀に輝く比良山系と湖北の雪景色を見てみたいと出かけました。
JRの大回りという特例を利用して京都ー大津 往復切符で琵琶湖を一周、京都で宿泊(会員制ホテル)
翌日は足の向くまま京都散策と云う気ままな旅です。


残念ながら雪の山は少しの姿を見せただけ

湖北に近づくにつれ雪原が広がる

河毛(カワケ)駅  (北陸線)
この駅近くの湖北水鳥公園の夕焼けは
日本の夕陽百選に選ばれています

              大阪10:15発−京都10:45―近江塩津11:43(乗換)12:05―米原 経由(駅弁購入)−京都13:43着

           京都水族館


サンゴの海

イルカショウも楽しみました

           本日の宿は御所の東側、鴨川河畔です。

               御所


               相国寺
                         足利義満が創建した禅宗寺院


鐘楼

無門関提唱の札 
美しく整備された庭が見える
 
無門関とは禅の第1書と云われる非常に難解な書と

法堂 安土桃山時代を代表する禅宗建築

連日の寒さはどこへやら穏やかな京都の冬の半日を過ごし、相国寺南側の同志社大学の寒梅館でフランス料理をいただく。