Winter 22                蔵王樹氷・銀山温泉・最上川舟下り     ’14.(H26)02. 2〜4

11年前雪上車でたどり着いた雪原(宮城蔵王すみかわスノーパーク)には巨大モンスター(樹氷)が点在、
そこで別世界に居るような時間を過ごしました。
その体験を再び、そしてあわよくば青空をバックにモンスターが撮れたらと上記のツアーに参加しました。

1日目                JR(サンダーバード・はくたか)で5時間、そこからバスで約5時間蔵王温泉(山形県)に到着。
樹氷ライトアップ鑑賞に出かけます。蔵王ロープウエイで山麓駅から地蔵山頂駅へ
―15度になる事もあると添乗員さんから聞いていた気温はびっくり!麓で6度頂上で1度でした。
ここ数日異常な暖かさだとか。(数日後7日は―12度を記録)


気温は1度でも風が強く足もと滑りやすく早々に引き揚げました

       2日目     昨夜と同じロープウエイで山頂駅まで。  ロープウエイから樹氷が見れるはずでしたが・・・
                  

 ロープウエイ山麓線からの眺め
山頂駅を降りてしばし散策  昨夜ライトアップされていた所は縄張りがされていたので反対側へ

モンスターも化けの皮(?)が剥がれてる

       最上川舟下り     古口〜草薙迄 こたつ舟で船頭さんの説明や歌を聞きながら下ります
                          松尾芭蕉と曾良がこの辺りを舟下りしたのは約320年前の事で、芭蕉ラインと呼ばれている。
                                 季節は5月末「五月雨を集めてはやし最上川」


  日本では珍しいと云われる天然杉林

白糸の滝

  銀山温泉       
 江戸初期 銀山として栄えた事があることからこの名前が付いてるようです。
                       銀山川沿いに大正末期から昭和初期に建てられた木造三層四層の旅館が並んでいます。
                 TVドラマ「おしん」の舞台になり脚光を浴びたとか

                    又アニメ「千と千尋の神隠し」の舞台になったのではとの噂もあるノスタルジックな景観です。


白銀橋から

添乗員お勧めの亀まんじゅう美味しかったです

夜になるとガス燈が灯るそう


古山閣



 鏝(こて)絵   (左官彫刻)
3階左は宝船(北前船に紅花の積荷)
2階右から1枠の中に1月から12月迄の古来の行事、風俗が描かれています


能登屋旅館


古勢起屋別館

おみやげの店



銀山温泉(山形)から本日の宿、鳴子温泉(宮城)に向かいます
この尾花沢地方は有数の豪雪地帯。本日の積雪は異常に少ない
そうです
赤と白のポールは夜中の除雪の際の目印

鳴子温泉の宿(幸雲閣)近くのこけし工房


           3日目            i飯盛山、鶴ヶ城観光後はひたすら大阪に向かいます。 


   飯盛山  白虎隊自刃の地 
白虎隊十九士の墓


さざえ堂 
飯盛山中腹に日本では珍しい建物で重文に


上りと下りが別々になっていてさざえのような形



鶴ヶ城

城の周りは公園になっていて
見事な桜の木が多くさすが桜の名所

雪によるトラブルも渋滞もなく予定どおり大阪駅22:30着