Winter 27   Ⅰ 青谷梅林 (京都府城陽市) ’16.(H28)3.13

古く鎌倉末期頃には日本でも有数の梅どころとして知られ
ほとんどが白梅で「純白の美しさ」との
紹介があり出かけました。(JR京都から奈良線で山城青谷駅下車)


ネットで見頃チェック,満開数日後ですが、散り始めのようです
満開時には約1万本の白梅が咲き誇り白布を広げたようになるそうですが


6月から7月にかけて梅干し、梅酒用に沢山収穫されるそうです
花は小さくてやはり鑑賞用の梅とは違います
白布を広げたような梅林の美しさは見られませんでしたが、好天に恵まれて竹やぶや石垣、
土塀のある古い家並み等を通り
「中天満神社」「龍福寺」を巡る散策コースを楽しみました
Ⅱ         万博記念公園          H28.3.17

万博記念公園駅を下車、大勢の乗客はほとんどエキスポシティの方へ、 我々は記念公園へ向かいます


ソラード(森の空中観察路)を通って椿の森へ

   椿の森   3年前に来た時はこの森が出来たばかりでした。
木も大きくなりやや見頃過ぎでしたが、花も沢山咲いていました。

雪の詩

太郎冠者

福鼓

岩根絞

白羽衣

イカリ絞り

虞美人


燕返し

月の輪

乗蓮の春


白い木々はコブシ?


日本庭園 中央休憩所 庭園を眺めながらランチ



中央休憩所の正面に見えていた築山から



この辺りサンシュの木が沢山植えられています