Winter 28             奈良 東大寺戒壇堂・新薬師寺         H29(’17)02.16

2月には珍しい暖かい日、大仏殿周辺は外人さんでいっぱいかと思っていましたが
大仏殿には廻廊保存修理工事の為、入れない情報が知られてたのか(私達は知らず)余り見かけませんでした。


  Ⅰ         東大寺  南大門


東大寺南大門

鏡池
東大寺            戒壇堂

東大寺には数えきれないくらい訪れていますが、おそらく戒壇堂は初めて(?)です。
大仏殿の西側松林の中の石段を上った所に建っています


聖武天皇が唐から招いた鑑真和上が日本で初めて戒を授けたのは大仏殿の前で、翌年(755)ここに戒壇院が建立されました。

戒壇堂
堂内中央に多宝塔四隅に天平彫刻の傑作と言われる
塑像 国宝の四天王立像おられます

国宝 四天王
(持国天・増長天・広目天・多聞天)
それぞれすごい形相で如来仏を守っています
高さ160㎝余り

  Ⅱ      新薬師寺

聖武天皇の眼病平癒の為 天平19年(747)光明皇后が建立。
南都十大寺として栄えたが、落雷や台風のため衰退。本堂以外は鎌倉時代の再建。


南門 鎌倉時代 (重文

本堂(国宝) 奈良時代

日本最古最大とされる十二神将(国宝)がおられます。
十二神将とは薬師如来の世界とそれを信仰する人々を守る大将で、土壇の上でお薬師様を護衛しています。


お薬師様の横顔が素敵でした



バザラ大将
現在でも部分的に色は残っていますが
最新の技術で再現された姿です(ビデオ)

バザラ大将

十二の中でも一番人気?の大将
十二神将は塑像で
像高は約191㎝


ビギャラ大将
元はこんな色だったのではビデオで再現された姿