Winter 8                  御在所岳 なばなの里                         09.2.11

御在所岳では例年12月〜3月頃、気象条件が揃えば樹氷・氷瀑が見られるとか、運がよければ見られるかもとツアー申し込みました。
2月(H21)に入り連日暖かく、当日も穏やかな日和になり樹氷の風景はお預けとなりましたが、氷瀑は見ることが出来ました。

氷瀑は、10月中旬頃から鉄パイプに竹を結びつけ気温が氷点下になる日に水を霧状に噴きつけ氷の塊を大きくしたもので、人工的なものです

スキー場もスノーマシーンを使って整備されているようですが、一応冬の風物を体感できて満足しました。

ロープウエイ12分の乗車で750M上昇、リフトを乗り継ぐと1212mの頂上に




氷瀑

御在所山上公園内にあります
(鈴鹿国定公園)

    御在所を後に なばなの里 へ移動

    屋内のベゴニアガーデンでは驚くほどの数、種類のベゴニアが展示されています。

こんな珍しい植物も展示されてました。

 ノボタン科 メディニラマグニフィカ 別名ウシノシタ
葉が1枚付く種類

日が暮れて 約400万球のイルミネーション

200M続く光(白熱球)のトンネル

光(LED)のお花畑  蝶も飛んでいます

水上のイルミネーション

梅もライトアップ